ブラック企業のスーパーの洋菓子部門で働いて驚いたこと5選

➤スーパーマーケット編 2007年~2008年

どうも、かちやです。

 

以前、私が働いていたスーパーのブラックっぶりを話させて頂きました。

 

前回のブラック企業スーパーマーケットの記事を読んでいない方はこちら。

 

スーパーマーケットの闇、就職して後悔!1日11時間の固定労働を強いるブラック企業
どうも、かちやです。 あなたは、スーパーマーケットで働いたことがありますか? 私は過去に2度働いた経験があります。 一社目は正社員で2社目はアルバイトで働きました。 今回の記事は1社目...

 

洋菓子部門で働いて、そこで信じられないことがあったので記載します。

 

もうね、ケーキが好きな人には信じられない内容です。



 

洋菓子部門で働いて信じられないこと

働いていた従業員が素人

洋菓子は専門職になるので、洋菓子店には必ず10年以上修業した人が必ずいます。

 

お客さんにケーキを提供してお金をいただくには、それだけ経験を積まないといけません。

 

技術もそうですが、それよりも大事なのが衛生面です。

 

特に卵を使用するものには気を配る必要があります。

 

かちや
かちや

カスタードクリームが一番危険

カスタードクリームは卵からできています。

 

一番、食中毒に気を配らないといけません。

 

鹿児島にある洋菓子店がカスタードクリームで食中毒を起こし閉店した事例もあります。

 

素人はこの衛生面が一番危険なのです。

 

スーパーの洋菓子店で働いていたのは私と二人しかいませんでした。

 

しかも、その二人は夫婦。

 

最初、スーパーで働いた時は、旦那さんは青果担当、嫁さんはレジをしていました。

 

しかし、洋菓子担当が退職したため人がいないという理由で洋菓子部門になったようです。

 

かちや
かちや

なんじゃそりゃ!!

この話を聞いた時、素人がやっていたことに不安がとてもありました。

 

 

今までケーキを作ったことがない人が急にケーキをつくってお客さんからお金頂く・・・

 

非常にマズイ状況。

 

働き始めて、数週間様子を見てわかったのですが製造工程に大事な箇所がいくつかあり、それが酷いぐらい抜けていました。

 

かちや
かちや

これはマズイな・・・

注意して口出ししようと思いましたが、この夫婦・・・

 

 

かなり性格が悪い!!

 

 

性格の悪さが顔に出ている人がいますが、その通りの人でした。

 

技術

 

経験者の自分が入ったことで、対抗心なのか、私が提案すると絶対にしない。

 

例えば、チョコペンを作ってパラフィン紙でコルネという入れ物を作るのですが、このコルネが滅茶苦茶。

この画像が正しいやり方で作ったキレイなコルネ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この夫婦はただ、クルクル巻いてチョコペンを入れる。

 

これを洋菓子店でやったら100%殴られる。

 

チョコペンを自分で作って正しい作り方でコルネをチョコペンに入れたら、この夫婦どうしたと思います?

 

かちや覚醒Ver
かちや覚醒Ver

俺の前で、チョコペンを

捨てやがった!!

 

怒りもあったけど、自分より年上がそういう行動したことがとても残念。

 

 

ここで働いていた時、私は24歳。

 

 

夫婦は35歳と37歳。

 

 

また、この夫婦は長年このスーパーで働いていたので従業員の中では管理職のような立場。

 

他のスタッフにも嫌な気持ちにさせることやっていた性格の悪さでした。

 

 

惣菜を担当していた責任者と仲良くなったのですが、この方がこのように言いました。

 

 

「あの夫婦は難しい、あまり関わらないほうがいいよ」

 

 

 

それを言われてから、距離を置くことを決め、提案もしないことを決意。

 

 

ムース作り

 

ショートケーキに卵を使用するものがあります。

 

 

ムースは卵を使用する際、卵の中にある菌を除去するために熱殺菌を必ずやらないといけません。

 

 

しかし、この夫婦。

 

知らないからやらない。

 

食中毒になる可能性が非常に高い。

 

 

このスーパーはブラック企業だっため、夫婦が休日の日は朝のケーキ出しだけ仕事して帰ります。

 

これだけで悪循環な会社というのがわかるでしょ?

 

 

だから夫婦がいない時は熱殺菌をしてからムースを作っていました。

 




シュー皮

 

そうそう、あとビックリしたのがシュー皮。

 

 

シュー皮というのはシュークリームの外側のことです。

 

 

シュー皮は生地を作ったら、シュークリームの形になるように冷凍鉄板に絞ります。

 

絞ったら、冷凍室に入れて冷凍し焼く時に取り出して鉄板に並べて焼く形です。

 

でもね・・・・

 

この夫婦は、シュー皮を作り絞ったら冷凍ではなく・・・・

 

鉄板に絞ってそのままオーブンに入れて全部、焼成!!

 

 

かちや覚醒Ver
かちや覚醒Ver

さらに!!!

 

 

焼き上がったシュー皮を全部冷凍!!

 

 

かちや
かちや

えええええっっっっっっーーーーー!!!!

 

シュークリームは当日に焼いてるからこそ美味しいのに・・・・

 

 

それを1日で焼いて冷凍、必要な分を出して軽くオーブンで温めてお店にだす。

 

私も食べましたが、食感が悪い。

 

かちや覚醒Ver
かちや覚醒Ver

クソ!不味い!!

 

もう、お客さんに出していいレベルではない。

 

夫婦の技術の無さ、衛生面の管理不足、不必要なプライド、ブラック企業。

 

これが合わさったところに私は勤めてしまった・・・・

 

そして、さらに信じられない光景を目にするのです。

 

 

クリスマスケーキのナッペ

 

洋菓子で一番稼ぎ時のクリスマス。

 

このスーパーにもクリスマスがやってきました。

 

たった3人しかいないのに、どうやって製造をしていくのかとても気になっておりました。

 

デコレーションケーキはナッペの技術がいります。

 

ナッペとは、スポンジケーキにパレットナイフで生クリームを塗る技術です。

 

下の画像のように丁寧にやります。

 

 

 

 

 

 

クリスマス当日、信じられない光景が目の前にありました。

 

他の部門の人たちもナッペをしている!!!

 

ワイワイガヤガヤやりながら、慣れない手つきでパレットナイフをもちナッペをしているのです。

 

かちや
かちや

あかん!

これはあかんぞ!

 

しかも、回転台が少ないため、何人かは手に持もってクルクル回しながらナッペをしていました。

 

いや、ナッペではなく、生クリームを塗りたくっていたのです。

 

昔のパティシエは回転台がなかったから、手で持ってナッペはしていましたが、素人がやってはいけない。

 

これでお客さんは3000円支払いケーキを食べている。

 

とても酷いスーパーでした。

 

かちや
かちや

スーパーマーケットは

ここまでレベルが低いのかよ!!

 

まとめ

私が勤めていたスーパーマーケットの裏側どうだったでしょうか?

 

一言で言えば、

 

スーパーマーケットでケーキは購入してはいけない

 

です。

 

 

パティシエ経験者が作っている洋菓子店で必ず購入するようにしてください。

 

結局、このスーパーには10か月勤務して退職をしました。

 

退職する一か月前には、洋菓子部門から惣菜に異動させされて惣菜のほうで働きました。

 

この一か月は、夫婦とは顔も合わせないまま終了。

 

本当に辞めて良かったです。

 

この記事を読んでいる貴方もスーパーマーケットで購入する際は気を付けてください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。



コメント