実話!心霊体験をブラック企業で体験した恐ろしい話。

➤パティシエ編1社目2002年~2006年

どうも、かちやです。

ブラック企業と聞くと、パワハラやサービス残業などの違法労働のイメージがでてきます。

過去の記事で色々なブラック企業体験を書いてきましたが今回の投稿はブラック企業で起こった不思議で怖い体験をお話したいと思います。

職場の恐怖体験なら病院で勤めている看護師さんが頭に浮かびますが私が働いていた洋菓子店の恐怖体験です。

この記事を書いているのが15時半ですがすでに背中が痛いです。

怖い系の話をすると何故か背中が痛くなるのは私だけではないはず・・・・。



いつもお世話になっている業者に電話をした時の不思議な話。

これは、私が入社して三ヶ月が過ぎた夏の話です。

この洋菓子店はキャラメルプリンが大人気で製造に追われていました。

キャラメルプリンの生地を流すプリンカップ。

このプリンカップの在庫が少なくなってきたので、いつも通りプリンカップの発注の電話をしたのです。

記憶では岩手県の業者だと思います。

かちや
かちや

今、発注しとけばちょうど間に合う

発注を午前中に済ませれば、3日後に届くのですぐに電話をしました。

いつも通り電話をすると・・・

謎の女性
謎の女性

お電話ありがとうございます

○○株式会社でございます

かちや
かちや

あれ?

いつもの男の人じゃなく

女性だ、珍しいな

毎回、電話をすると電話担当の男性がでてくれて世間話をするぐらいの仲だったので、また長話になるかな?と思っていたのですが電話に出たのは女性。

初めて女性の方が対応したので驚いていました。

かちや
かちや

あっ、えと・・・

○○洋菓子店です。

いつも注文しているプリンカップを

お願いします。

謎の女性
謎の女性

わかりました、手配しときます

かちや
かちや

それでは、よろしくお願いします

失礼します

ガチャ

かちや
かちや

なんか不思議な人だったな・・・

女性が電話にでて違和感があったのを今でも覚えていますが、声事態もおかしい声音でした。

それから、プリンカップの到着日になったのですがいつもくる時間に届かない。

かちや
かちや

何かあったのかな?

これで届かなければ怒られる

今日作るプリンカップは足りましたが明日からの分が足りないので確認のため業者に電話をしました。

TEL担当男性
TEL担当男性

お電話ありがとうございます。

○○株式会社のクラタです

今回は、いつも電話対応をしてくれるクラタさんがでました。

かちや
かちや

クラタさん、この間注文した

プリンカップが届かないんですが

どうなっていますか?

TEL担当男性
TEL担当男性

プリンカップですか?

わかりました確認しますので少々お待ちください。

待っている間、ハラハラしながら待っていました。

TEL担当男性
TEL担当男性

かちやさん

プリンカップの発注ですが、

入っている記録がありません。

かちや
かちや

えっ!

いや、3日前に電話をして確かに

注文の電話をしましたよ!

TEL担当男性
TEL担当男性

3日前・・・

3日前とえば、7月15日

海の日ですね

かちや
かちや

そうです!

その日に電話をしました

私の上司も確認しています

TEL担当男性
TEL担当男性

かちやさん、15日は祭日のため

弊社は休業になっております。

かちや
かちや

えっ・・・

かちや
かちや

ですが、確かに女性の方が電話にでて

対応してくれたのですが・・・

TEL担当男性
TEL担当男性

・・・・

弊社に女性のスタッフはおりません

男性のみです

かちや
かちや

でも確かに、そちらの

会社名を言ってたんですが・・・

TEL担当男性
TEL担当男性

信じられないかもしれませんが

女性スタッフは一人もいないんですよ

かちや
かちや

ということは

プリンカップの発送はない

ってことですね・・・

TEL担当男性
TEL担当男性

そうなります

すぐに手配しますので

お待ちください

かちや
かちや

はい、わかりました。

ガチャ

かちや
かちや

あの電話にでた女誰なんだ・・・?

ブラック上司に説明をしましたが案の定信じてもらえず怒られました。

ブラック上司
ブラック上司

かちや!!何をやっているんだ!!!

かなり怒られましたが念の為、経営者が確認をとりましたがやはり女性スタッフは一人もおらずプリンカップの発注記録もなかったようです。

あれから数十年経過していますが、あの謎の女性はまだ、あの会社で彷徨っているのでしょうか。。。

謎の女性
謎の女性

お電話ありがとうございます

○○株式会社です

フフフッ・・・




赤い服の女

私は、この赤い服の女に生気を吸い取られていました。

このブラックな洋菓子店は前から赤い服を着た女性を目撃した人がスタッフのなかで何人おりました。

一番長く働いているお局様の話では、赤い服の女がレジの前に立っているのをよく見かけたと話てくれました。

話を聞いても自分は一度も見たことがなかったので半信半疑です。

かちや
かちや

まぁ俺には関係ないや

そう思っていたのですが、あの日だけは違いました。

朝6時半、会社のカギを開けるのは私一人。

この洋菓子店は2店舗ありB店に厨房スタッフを集めて製造し、A店は厨房スタッフを一人配置して対応できるようにしていました。

今、A店にいるのは私だけ。

ホールの女の子は朝8時にならないと誰も来ない。

2階にあがり更衣室で着替えていると・・・

隣の誰もいない事務所から

ドンッ!!ドンッ!!ドンッ!!ドン!

壁を思いっ切り叩く音が響きわたり、眠気が一気に冷めました。

かちや
かちや

なっなっなんだぁーーーー!!

ビックリして恐る恐る事務所の中を確認しましたが誰もおらず・・・

怖くなったので厨房にすぐに逃げ込みました。

その日の夜、いつもはホールの女の子たちがお店のカギをかけるのですが、その日に限って仕事が終わらず私がカギをかけることになりました。

女の子たちが帰ると私一人。

一人になってしばらくすると体に異変がありました。

かちや
かちや

体が急に重くなってきた・・・

突然、ズンッと体に重りを乗せたかのような感覚と具合が悪いというか言葉にできないんですけど変な感覚が襲ってきて冷や汗がでてきました。

かちや
かちや

あかん、これはヤバい

よろよろになりながらも何とか仕事をこなし帰宅しました。

当時は実家に住んでいたため終わる時間がバラバラ。

母親が食事の準備をするから帰る前に電話をするのがルールになっていました。

電話にでると弟がでました。

かちや
かちや

今から帰る・・・

弟

・・・・・

わかった・・・

体調悪い中、何とか玄関の前まで来れて一安心して玄関を開けると、目の前に弟が立っており私に向けて振りかぶった動作をしてきました。

弟

ちっ

逃げたか

その瞬間、あれだけ具合が悪かったのが、すーーーっとなくなり楽になりました。

弟

アニキまた変なの連れてきたな

赤い服の女が後ろにいたの気づかなかったのか?

電話出たとき女の笑い声が聞こえたよ

かちや
かちや

やっぱりか~

お店に赤い服の女がでるってみんな言ってたんだよ

おかげで体調が一気に良くなったよ

弟

アニキはエサになってたよ

生気を吸い取られてた

だから変な体調不良が起きた

そう、私の弟はすこぶる霊能力が高い。

なんせ、霊を消滅させるほどの腕だ。

こればっかりは読んでくれている方に信じてくれ!と言っても納得はしないだろう。

ここでは述べないが私たち家族はこれまで色々な不思議な霊体験をしてきた。

そして助けられてきた。

テレビにでてくる自称霊能者たちでは足元も及ばないほどのレベルの高さだ。

弟の話では、テレビの霊能者たちは数字で表すと0~5らしい。

で弟自身のレベルを聞くとレベル50と答えた。

だが上には上がいるようで関西地方にとんでもない人がいるのを感じると言っていた。

弟からみたら私は連れてくるタイプのようで、さっきも言ったようにエサにされやすい体質で・・・

これまで何回も助けられた。

数日してから、弟を連れてA店の洋菓子店にいくと・・・

弟

テラスのところに

赤い服の女が3人いる

とんでもない店だな

かちや
かちや

3人もいたのかよ!

姉妹か!!

どうやらこのお店を住処にしているらしく夜は周辺をウロウロしているようだった。

かちや
かちや

俺たち、ここにいて大丈夫なのか?

弟

結界張ったから

気づかれないよ

このように私の家族ではたまにこういう会話がある。

弟は仕事で千葉にいるため、弟の力は借りれない。

一人ぐらしをしている私は、また怖い思いをするんではないかと不安になる毎日を過ごしている。

あ~背中が痛い・・・



コメント